投資歴1年6ヶ月 投資の難しさと今の投資方法

この記事を読むのに必要な時間は約 3分8秒です。

2020年3月 始めて楽天証券で

SPYDとHDVを1株買ってから投資を始めて約1年6ヶ月が経ちました

 

始めたタイミングがコロナで暴落している時だったので、安く買えたこともあり

私の楽天証券で保有する銘柄だけで、プラス60万円程になっております

 

まだまだ投資歴は浅いですが、毎日投資について考える中で

ふと疑問に思うことが。

「これだけ投資の情報が流行っており、現状の最適解もあるのであれば皆お金持ちになっているのじゃないか?」

 

それでも投資で失敗、上手くいかない人がいるのはなぜか?

 

私の仮説ですが

「多くの人がその通りに出来ないから」

なのではないでしょうか。

 

当たり前と言えば当たり前ですよね

 

そもそもお金とは何か?

短にあり過ぎて盲目になってしまっています

 

お金とは

物やサービスと交換できる通貨です

 

なぜ交換することが出来るのか?

それは

1万円札には1万円分の価値があると皆んなが信じているからです

 

お金が全てじゃないとは思いますが、

お金があれば人生の選択肢が増えると思います

 

お金について考えることは人生について考えることだと思います

 

人生の選択肢を増やしていきたいのであればお金について考えなけばいけません

 

王道の投資を学ぶ

長期・積立・分散

これが投資の王道で、これが出来れば資産は築ける

でもみんなこれが出来ない

投資を始めた頃のきっかけや気持ちがいつまでもあるとは限らないし、年齢によって人生のステージによって必要な出費も変わってくる

答えはあるけど、続けられない

だから投資の王道と言われていてもできない

また

積立では、資産が増えていくが日々の生活が豊かになっている実感はなく、あくまで画面上の数字が増えていくだけ

実感出来るのは何十年後、取崩した時

これも投資の王道が続けられない一つの原因

では、高配当株投資はどうか?

日々のキャッシュフローが良くなっていることが実感出来る投資スタイル、これは自分には合っている

ただ、

買うタイミングや、暴落の際に持ち続けることの難しさがある、

株価が下がれば様々な情報を見てしまい、狼狽売りしたりする可能性は十分ある

投資目的とは

資産の最大化

であることを考えれば積立が投資の王道であり、投資の最適解だろう

ここで新しい投資スタイルの提案をしたい

もうあるかもしれないけど

配当金を日々のキャッシュフローが良くなっていると実感出来るところまで増やす

▶︎高配当株を買い増しする

▶︎そこからは高配当の購入割合を

減らす又は放置する

▶︎積立に比率を上げる又はフルベット

人間の行動は感情との付き合いとなるのが前提と考えると

日々のキャッシュフローが良くなっていることを実感している状態で、投資への、欲を減らし

そこから資産の最大化に注力する、高配当株投資ではないので、ただ積み立てるだけ、ひたすら、愚直に積み立てるだけ

※注意

コアサテライト戦略とは違う

インデックス積立投資、高配当株投資を同時に行なっていく、比重をどうするかは決まりなし

早く日々のキャッシュフローが良くなっていることを実感することができ、そこから資産の最大化に移行することができるので、効率良く資産形成を行える

高配当株のキャッシュフローを購入はしないが、株価の成長と共に増配をしていくことを考えればやりやすい投資戦略といえるのではないか。

名前▶︎

cash現金

flow流量

increase増える

assets資産

mazimizn最大化

investment投資

 

注)僕の頭の中のことです

コメント

タイトルとURLをコピーしました